ギター初心者を中級者まで導く!?初心者向けギター講座

初めてのアドリブソロ〜即興演奏の感覚〜

「音楽理論編」でスケールの事やコードプログレッションについて少々説明しましたが全然分からなかったという方がほとんどだと思います。 理論と名前が付くだけあってそれなりに覚える事がある上に実技と理屈がリンクし辛いのです。

それならば理論的に細かい事は抜きにしてアドリブソロをやってみましょう。

メジャー・スケールで弾いてみよう

アドリブソロ用音源
↑まずはこのピアノとドラムのみの音源に合わせてCメジャーもしくはAマイナースケールで弾いてみてください。
スケールを忘れた、もしくは覚えていない方はダイアグラムを見ながら弾いてみましょう。

↓ダイアグラムをクリックすると全体図が表示されます。
Cメジャースケール

アドリブソロを覚えたて時のポイントとしては、

「あまり音を詰め込みすぎない」
「速く弾こうとしない」
「手の位置を頻繁に移動しない」
「恥ずかしがらない」
「BGMに合わせて適当に歌ってみる」
「ネタが尽きてどの音へ行こうか迷ったらとりあえずトニックノートへ戻り落ち着く」
「ギターだけでなく他の楽器の音もしっかり聴く」

といったところでしょうか。もちろん慣れてしまえば音を詰め込んで速く弾くなりスケールアウトするなりしてもらって結構なのですが、 まずは調に従って弾くという感覚をつかんで下さい。

もし、うまく合わせられないというのであればスケールを使いソロを作曲してから演奏してみましょう。 作曲と言っても物凄く簡単なものでいいのです。 「ド〜ミ〜ソ〜」とかでも良いし、誰かのソロをそのまま丸ごとパクってもオッケーです。

ギター講座TOPページ ギターコード研究室

P R
♪初めてのギター選び
♪初めての小物選び
♪初めてのMYギター
♪初めての練習
♪初めての基本奏法
♪初めての挫折(コード)
♪メカニカルトレーニング1
♪メカニカルトレーニング2
♪初めてのリズムトレーニング
♪初めての基礎理論
♪初めてのメジャースケール
♪初めてのマイナースケール
♪初めてのコード理論
♪初めての作・編曲論
♪初めてのコードトーン
♪初めてのアドリブソロ
♪初めてのエフェクター
♪初めての音楽用語辞典
♪初めての音楽口論
♪初めてのリンクサイト