ギター初心者を中級者まで導く!?初心者向けギター講座

初めてのギター選び 〜初めての楽器屋さん〜

楽器屋へ行きギターを買うメリットはやはり実際にギターに触れらるということでしょう。
初心者なんだから違いなんか分からない・・・のかもしれませんが普通の店なら店員さんに弾いてもらったりも出来ますし、 何より楽器に不具合があった場合など近場ならすぐに相談できるので勇気を持って楽器屋さんへ行ってみてください。
近くに楽器屋さんが無い場合や欲しいのが無いのであれば通販でいいと思います。

通販でおススメなのはアウトレットです。返品や傷、または在庫過多の為に売り切れないギターが安く手に入ります。 ただし、ほとんどが1点物であったりする為に欲しいギターがいつでも買えるというわけではありません。
通販で買うメリットとして選択肢が非常に広いということです。お店に無かったギターも通販だと簡単に見つかるという事があります。
エレキギター・レスポールタイプ
エレキギター・ストラトタイプ

エレキギターとアコースティックギター

エレキギターは「エレキ」の名の通り電気を通してアンプなどから音を出すことが出来るギターです。 (電気を通して音を出す事が出来るエレアコと呼ばれるアコースティックタイプのギターもあります。)

アコースティックギターとはアンプ等で音を増幅させる 必要の無いギターの事をギターでアコギなどと呼ばれたりします。 (ライブ等で音が小さいときはマイクで増幅させることもありますが・・・)

好きなアーティストとよく似たギター

最初は見た目から入るのでいいと思います。人気ギタリストであればコピーモデルなど似たような形のギターがある事でしょう。 ただし、いきなりフライングVに代表されるような変形ギターはやめておいたほうが無難です。座って弾くのが大変です。

予算にも限りがある

オススメなのは3〜5万円クラスのギターです(ただし国産品)。最近は一昔前に比べて極端な粗悪品は少なくなりましたが、 1万円以下で買えるような初心者用ギターは購入時注意が必要です。安い1万円以下のギターだからといって保証が無いようなお店で買うのはやめましょう。

初めての試奏

弾けなくてもチェックできる事はあります。
特に1万円以下の初心者用ギターを購入しようとする際にはなるべく経験者同伴で試奏をしましょう。 (通販の場合は届いたその日にチェック!)
ギター未経験者で出来る事として「全ての弦の全てのポジション」で音を出してみてください。 一つでも音が出ない(露骨に他の場所と違う音がする等)ポジションがあれば購入するのはやめておいてください。 店員さんが調整して直してあげるなどと申し出てきても、かなり早い時期に(運が悪いと1ヶ月位で・・・) 不具合が発生する可能性があります。
いきなり音の違いがわからないと思うかもしれませんが、何本か弾き比べてみると意外と「こっちのギターの音が好き」 などと曖昧にでもわかると思いますので色々なギターを試してみてみましょう。

中古ギターはどうよ?

経験者同伴で行くのならアリだと思います。メリットとして「ワンランク上のギターが安く買える」と言う事ではないでしょうか。 ただし、ビンテージや希少品でもないのに新品で買うのと違いの無い値段で置いている店があります。 相場をインターネットなどで調べておくのがいいでしょう。
デメリットとして「不具合がある可能性がある」「傷など使用感がある」「ギターケース以外のオマケは期待できない(交渉しだいかも?)」「補償がない場合がある」などがあります。
不具合などは楽器屋さんが一応調べてはいるのでしょうが、やはり買う前にはもう一度しっかり確認してください。

どんな格好で楽器屋へ行けばいいの?

質問で意外と多いのがコレです。
結論から言うと好きな格好で大丈夫です。 楽器屋にはビジュアル系な方からタンクトップにハーフパンツというラフな格好の方など様々な見た目の方が居ます。
それよりも!大事にして欲しいのは見た目よりも一般的なマナーです。
万引きなどは論外ですが、店員の許可無く楽器を試奏したり店内で煙草を吸う、他の客と喧嘩する、ペットを連れて行く等々これらすべてNGです。
ギターや音楽が好きであれば楽器屋に迷惑を掛けるような行為はやめましょう。


ギターを始める前のQ&A

ギターやその他の機材購入とは別にこんな僕が(私が)ギターを弾けるようになるの?などといった質問に関してのお答えです。

手が小さいのですがギターを弾けるようになりますか?

よく手が小さく指も短いのでFコードが弾けないからギターに向いていない、だからギターをやめた。という言葉を耳にすることがあるのですが手の大小、指の長短はあまり関係ありません。
この言葉でギターをあきらめる方のほとんどは厳しいようですが単なる練習不足です。
全然関係ないのかと言われればそうは言い切れませんが「あまり」関係ないと言えると思います。どこで違いが出るかといえば演奏方法が多少変わってくる程度のものとお考えください。

飽きっぽいのですがギターを続ける事は可能ですか?

こればかりは楽器を始めてみないと何とも言えないところです。
ギターを挫折してしまう方の特徴は性格が飽きっぽいと言うより 「他にもっと好きな事がある」「(ライブや誰かに聴かせるといった)目的がない」「独学で練習してるけど何をしていいのかわからなくなった」等の理由が明確な場合が多いように感じます。
なので「ライブハウスに遊びに行く」「ギター教室に通ってみる」「音楽仲間を作る」「簡単な目標を立てる」といった事が有効だと思います。

プロになれますか?

なれます。
ここで言う「プロ」とはTVに出てる有名なバンド等に限らず「インストラクター」「スタジオミュージシャン」「ライブハウスやバーなどに招かれての演奏者」といったお金を貰って演奏する人全てを含みます。
ただしプロになるには相当の努力が必要な上にプロになったから食べて行けるか?と言われれば答えは「NO」です。
1回きりの仕事を取るのはそれほど難しくありませんが2回目3回目と仕事を取り続ける為には演奏力だけではなく自分を売り込む努力をしなければいけません。
もしプロになりたいと願うのであれば誰よりも練習し自分をアピールできる機会があれば積極的に参加し、さらに音楽仲間を増やす必要があります。

ギター講座TOPページ ギターコード研究室

P R

エレキギター
エレキギター初心者セット
15,000円未満
15,000円〜25,000円
25,000円〜35,000円
35,000円〜50,000円
中古エレキギター
アコースティックギター
15,000円未満
15,000円〜25,000円
25,000円〜40,000円
アコースティックギター初心者セット
♪初めてのギター選び
♪初めての小物選び
♪初めてのMYギター
♪初めての練習
♪初めての基本奏法
♪初めての挫折(コード)
♪メカニカルトレーニング1
♪メカニカルトレーニング2
♪初めてのリズムトレーニング
♪初めての基礎理論
♪初めてのメジャースケール
♪初めてのマイナースケール
♪初めてのコード理論
♪初めての作・編曲論
♪初めてのコードトーン
♪初めてのアドリブソロ
♪初めてのエフェクター
♪初めての音楽用語辞典
♪初めての音楽口論
♪初めてのリンクサイト