ギター初心者を中級者まで導く!?初心者向けギター講座

初めてのMYギター 〜MYギターを知る!

ギターの各部位の名称です。必ず覚えましょう。
ギター各部名称

ヘッドストック

基本的に略してヘッドと呼ばれる。
メーカー名やモデル名が記入されている事が多い (ヘッド自体が無いギターもある)

ペグ

弦を巻く「糸巻き」の事。
チューニングキーなどと呼ばれることもある(らしいのだが私はそう呼んだ事が無い)

ナット

ヘッドとネック(指板)との境目にあり、弦を支えるための部品。
もう一方はブリッジで支えられている。

ネック

表面は指板(フィンガーボード)と呼ばれ、ギターやメーカーによって厚さや広さにかなりの違いがある。 ネックの違いが弾き心地の違いとなる事が多い。
弦の張力で反りが生じる為、定期的な調整が必要だが ネック調整は楽器店に依頼するのが無難(自分で行う場合は自己責任で!)

フレット

指板上に音程ごとに仕切っている金属片の事。また演奏などの際にポジションを説明する場合などは、その金属片と金属片の間の事を指す。
ネックと同様に形状によって弾き心地にかなり影響する。

ボディ

胴体のこと。形や材質により音色に違いが出る。
ボディの内部が空洞になっているものをホロウ・ボディといい、削り出し、または数枚の板を貼り合わせた空洞の無いものをソリッド・ボディという。
ちなみに中央部にセンターブロックと呼ばれる木が詰められていてわずかな空洞のものをセミ・ホロウ・ボディと呼ぶ。

ピックアップ

弦振動を拾い電気信号に変換し出力する為の装置。大雑把に言えば”エレキ”ギターのマイク。
その構造を大きく分けてシングルコイルとハムバッキング(ハムバッカー)に分けられる。
一般的にハムバッカーは図太くまろやかな音、シングルコイルは繊細でヌケのいい音と言われている。

ピックアップセレクター

使用するピックアップを選択するスイッチ。
上図のギターではフロント・ピックアップ、センター・ピックアップ、リア・ピックアップから選択する (隣り合うピックアップの音をミックスすることも可能)。ネック側がフロント・ピックアップでブリッジ側がリア・ピックアップと呼ばれる。

ブリッジ

弦を固定しておく為の装置。ボディエンド側の弦の支点となる。 調整可能なものをアジャスタブル・ブリッジ、そうでないものをノンアジャスタブル・ブリッジという。 トレモロ・ユニット(弦の張力を意図的に緩め音に揺れをつけることが出来る装置)搭載のものとそうでないものがある(上図のギターは搭載)

ボリュームコントロール/トーンコントロール

トーンコントロールとは音色(音質)を調整するための装置。 通常は10(MAX)で使うことが多いのだが演奏中に高音域がキツ過ぎると感じたとき下げてやることがある。 ヴォリュームコントロールはその名の通り音量調節なのだが、演奏中アンプから出力される歪みをコントロールするためにも頻繁に使われる。

ギター講座TOPページ ギターコード研究室

P R
♪初めてのギター選び
♪初めての小物選び
♪初めてのMYギター
♪初めての練習
♪初めての基本奏法
♪初めての挫折(コード)
♪メカニカルトレーニング1
♪メカニカルトレーニング2
♪初めてのリズムトレーニング
♪初めての基礎理論
♪初めてのメジャースケール
♪初めてのマイナースケール
♪初めてのコード理論
♪初めての作・編曲論
♪初めてのコードトーン
♪初めてのアドリブソロ
♪初めてのエフェクター
♪初めての音楽用語辞典
♪初めての音楽口論
♪初めてのリンクサイト
P R